Aroma Relaxation

Aroma Relaxation

アロマオイルの香りは7つに分類される

アロマで使う香りは7つのグループに分けることができます。
シトラス系はグレープフルーツやレモンなどで、爽やかでフレッシュな香りが特徴的です。身近な果物の香りなので、アロマ初心者でも馴染みやすく、気分をリフレッシュさせます。
ハーブ系は森林の中にいる気持ちにさせます。スッキリとしており、薬草をイメージする人もいます。料理で使うハーブもこのグループに属します。
独特な香りを持つのが、スパイス系です。
料理にも使う香辛料を使い、体を温める作用があります。刺激が強いので、扱いには注意します。
ウッディ系は木から抽出した精油です。葉っぱなどの少し渋くてほろ苦いのある香りは、森林浴と同じ効果がありリラックスします。
木からにじみ出る樹脂から抽出されるのが、レジン系です。精油は粘り気が強いので、化粧品のクリームに配合されることがあります。
エキゾチック系は東洋的で非常に甘いです。イランイランなどクセのある香りが多いため、他の精油とブレンドして使います。不安や気持ちのゆらぎを抑制します。
花から抽出される精油は、フローラル系と呼ばれます。甘くて華やかな香りは女性に人気です。
長時間香るので、気分転換だけでなく部屋の芳香にも有効です。

アロマで健康とスキンケアを

最近は若い女性を中心としてアロマが流行っています。アロマは、アロマポットやハンカチに精油を垂らす芳香浴が簡単にできるのを始めとして、お風呂に入れたり、足浴、手浴などの沐浴、洗面器のお湯に精油を垂らして行うスチーム、精油を垂らしたお湯を使って行なう湿布、キャリアーオイルで薄めて皮膚のマッサージを行うトリートメントなどの方法で楽しむことができます。鼻から、脳に入り神経やホルモンを調節したり、肺に入って全身にいきわたり効果を発揮したり、皮膚に直接効果を与えることができます。
それぞれの精油には、効能があります。健康に関する精油も多く、免疫力を高めるティートリーやレモングラス、冷え性には、血流をよくするカモミールやスィート・マジョラムなどがあります。頭痛には、ペパーミントやラベンダー、便秘にはスイートオレンジ、神経痛にはサンダルウッド、風邪にはシダーウッドやユーカリ、花粉症にはカモミールやユーカリ、PMSや更年期にはホルモン作用のあるカモミールやネロリが効果的です。
スキンケアの悩みにもアロマは効果があります。スチームを行うとよいでしょう。ニキビにはサイプレスやシダーウッド、肌の老化にはホルモン作用のあるローズやローズマリー、肌荒れにはカモミールやサンダルウッドが効果的です。
自分の症状に合わせて精油を選んで健康とスキンケアに取り入れましょう。

check

岡山 相続
http://okayama.zaisan-okayama.com/
エステサロン 横浜
http://emotion-esthe.jp/
大阪 ネイルスクール
http://nails-shine.com/
大阪で相続手続き
http://osakayodoyabashi.zaisan-osaka.com/
大阪 外壁塗装
http://nikko-reform.com/
岐阜 工務店
http://www.daiyuu.com/
大田区 不用品回収
http://www.meatball.co.jp/
池袋 縮毛矯正
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000143109/

2016/6/22 更新